少し間が空いてしまい申し訳ありません。
投稿するネタが無かった訳ではなく、
お盆休み返上で、ネタになる案件に追われていたから。。。
と言い訳させてください。

この度、とても面白い物件が完成しました。
6月より宮城県でご相談を受けていた
納屋のリノベーション現場が昨日終わりました。

不動産を経営するオーナー様より
実家にある納屋を何とかカッコ良く出来ないか?
というおハナシを
カントリーベースの強力な施工販売店でもある
櫻本さんからご相談を頂き、
すぐにプロジェクトを立ち上げました。
(そんなに立派なものではありませんが。。。笑)

早速6月に二人で現場に行き、オーナーさんらと面会。
どのような感じ(イメージ)にしたいか?などの
インタビューを行い、
具体的にはスケッチをしながら
こういう感じは?とか写真を見せたりして
大体のイメージを双方でつくって行きました。

BEFOREの建物の画像
IMG_5428.jpg

IMG_5430.jpg

結論からのテーマは「カッコ良く!」と
「プライベートで遊べる空間」。
場所が山奥ということもあり、
あまりひと目にはつかない場所です。

いいですね〜つまり秘密基地ですよ。
ということで、おハナシではかなり盛り上がり、
世田谷ベースみたいな民間飛行場をテーマに
滑走路を造って。。。。と
ひとり盛り上がってしまいました。(笑)

その時に即興で書いたイラストはコレ
IMG_5437.jpg

とまぁ、このような冗談半分で始まったストーリーです。

今回は納屋をリノベするという企画ですから
カッコいいものにするためのデザインを考えました。

施工する櫻本氏がこの建物を見てイメージする
ブロックや壁、内装のデザインを聞きながら、
また洋書や海外に行って撮ってきたレンガ写真を参考に
話し合いながら、イメージを共有して行きます。

以前自分でも試みてつくったことがある
ガレージシアターを話したら、コレは行ける!
と云うので、早速ムービーをテーマに入れました。
そして、人が集うことを考え、屋内にカフェ、
更には、外は自然の中という環境なので、
バーベキューができるというのもテーマに加えました。

そしてこのようなイメージをつくり
IMG_5424.jpg

IMG_5494.jpg

イラストのイメージパターンは色を変えたもので
3種類用意して、プレゼンに至ったわけです。

そして、7月よりいよいよ施工に入ります。
結果的にはブロックを活かし、
コーナーにレンガの造形、上部のトタンは
ベージュ系のエイジング、
そして顔になるドアは
鉄工所に頼んでオリジナル開き戸をゼロからつくりました。
デザインは櫻本氏がこだわった意匠です。

ヘリポート(仮想です)のフェンス側の扉(引き戸)は
既存の納屋のものを多少補強して、再利用です。
なるべく有るものを使い、コストをかけないで造るという
姿勢で進めました。

約2ヶ月かけて、外装、内装を施工。
最後にインテリアのディスプレイから
設備品までをトータルでコーディネートしました。

AFTER
IMG_6590.jpg

IMG_5931.jpg

外観、左に建物に付いていたカーポートはそのまま残し、
周りをウッドで施工。
建家側のブロックに遊びを演出。

IMG_6538.jpg

所々にステンシルや文字を入れてます。
このようなアクセントは外せないポイントで
雰囲気を出すのに必要ですよね。

IMG_6542.jpg

IMG_6540.jpg

IMG_6595.jpg

IMG_6588.jpg

IMG_6587.jpg

周りはアメリカンフェンスで囲いました。

このフェンスの横側の風景はどうなっているのか?
お見せしましょう。。。
こうなっています!
IMG_6557.jpg

いずれ、滑走路を造るため?に芝が張ってあります。(笑)

そしていよいよここから内装です。
ガレージシアター(映画館)ですから、
それを実現するための製品を選ぶため、
仙台市内で開催されていたホームシアターイベントへ。
わざわざそのために二人で出かけて、
エプソンさんのブースで相談しました。

機材を一式購入すると、安くても
予算は一般的には百万円ぐらいかかります。
今回の物件ではとてもそんなことは無理。
意外に投影するプロジェクターは安いのですが
スクリーンが高いんですよ。

そこは、さすがペイント(左官)屋さんです。
櫻本氏は壁にシアターに使うスクリーンを
ペイントでキレイに塗ってしまいした。

ガレージ的な場所なので、通常のお部屋のような
音響効果まで必要なルームシアターには至りません。
また、音漏れもここだと気にならないので、
しっかりした防音設備も不要。

あくまで。。。雰囲気ですよ。
映画館のような雰囲気が出ればいいんです!

で、完成したのがコレです!
どうです、十分じゃないですか!?
IMG_6558.jpg

IMG_6606.jpg

シアターとは反対スペースに
カフェエリアとして、テーブルや椅子を並べました。
床の仕上げは、MPCです。
タイルのようにラインを入れています。

そのカフェエリアですが、
しっかりとカウンターとかで確立しようと当初考えました。
しかし、面白みが無いかなぁ〜と思い、
更には予算的にも見込めないこともあり、
それなら納屋という立場を象徴しよう!と決断。

自然的な要素をそのまま持ち込み
今流行の「グリーンとの生活」をいろいろと観て
植物(手入れの入らないレプリカ)を
キッチンコーナーに取り入れました。

IMG_6567.jpg

中央には映画のポスターも展示。
梁を利用して、ハンモックもアクセントに付けました。

IMG_6572.jpg

尚、ディスプレイについては、
また機会がある時に詳しくお話しします。

壁面ブロックは、白く塗っただけです。
内装の素材はそのまま活かしています。

IMG_6608.jpg

そうそう、コレはこだわりました。
IMG_6597.jpg

軍用で使われた砲弾ケースです。
これは、傘立てに使えるので。。。(笑)

さぁ、ここまでご覧なられて、如何でしたか?
このようにカントリーベースでは
ガレージや納屋、小屋や倉庫なんでもOKです。

個人ユーザーさんをはじめ、
工務店さんや住宅メーカーさん、
リフォーム業者さん、不動産屋さんなど
業種やジャンルは問いません。

外観、内観、全体のデザインから
イベント、モデルハウスの展示まで
全てコーディネート致します。
しかもただ飾るだけでは有りません。
販促に関わるプロモーションまでトータルで
ご提案致します。

面白くて楽しい空間づくりをお手伝い致しますので、
まずはご相談を。

施工・撮影協力/櫻一スタイル
2015/8完成
昨年のガレージングEXPOイベントにお越し頂き
約1年近く打ち合わせを続けていました埼玉のK様。

(2014年ガレージングEXPOイベント弊社ブース)

IMG_1851.jpg

IMG_1838.jpg

2005年ごろからガレージづくりへの想いが募り、
約10年間を費やしてDIY的なガレージが
この5月末にほぼ完成しました。

カントリーベースではK様のご要望を伺い
毎月打ち合せとご提案を繰り返し、
土間と基礎立ち上がりの部分へのデザインコンクリートの
ご提案、そして施工を行いました。

もともとかんたんな屋根と一部の壁面しか無かった
カーポートのようなガレージでした。
Kさん自ら設計とデザインを行い、
様々な業者へ相談しながら、
自分で出来ることはDIYで施工するスタイルで
土間を残しほぼ完成したのが2年前。

最後に無機質なコンクリートの土間を
デザインコンクリートのような味わい深い
オリジナルの床面に仕上げたいと考え、
昨年イベントでお会いしたのがきっかけでした。

クルマはポルシェ・ボクスターです。
ガレージはプロバンス風のカントリーな感じ。
そして何よりもこだわったのが
ガーデン(植栽や花)との融合です。

ガレージは庭の一部です。
周りの景観とそこに建つガレージは納屋造りで
ガレージへ繋がる地面には大きな石が敷かれています。

IMG_3184.jpg

IMG_3187.jpg

内部のコンクリート(土間)部分に色付けするのですが
その色と、ガレージ入り口の土間部分は
全体の景観に合わせて、自然な感じにしたい!ということで
かなり、悩んでいらっしゃいました。

確かに、外は緑が多いのと、石も微妙に苔色(こけいろ)で
自然な調和は結構難しいと考えました。
内部をグリーン系にするか?もしくはブラウン系にするか?
しかもクルマはシルバーです。

これのイメージをつくり、
約半年間K様宅へ通うことになります。
何度も何度もパターンを変えてご提案に伺いました。
IMG_4733.jpg

サンプルもご用意して実際に合わせながらご覧いただき、
やっと4月にOKのサインをいただきました。
IMG_4731.jpg

土間はMPCというコンクリート(薄い層をつくり重ね合わせる技法)で
仕上げることになります。
そして、基礎の立ち上がり部分を石の造形で土間との調和を考えました。
kitada1.jpg

土間は、色合いも変えながら、
サンプルでご提案した色目に、グリーンを多めに施し、
焦げ茶系カラーのアクセントを入れて
ミリタリー的な(迷彩色のような)イメージに仕上げました。
kitada3.jpg

少し不思議な色合いですが、
これがMPCの面白い特徴で、自由に表現できる良いところです。
薄いコンクリートの層を2重、3重と塗り合わせることで
複雑で、そして幾何学的な色合いを表現することが出来ます。

こうしてK様とお会いしてから約1年、
ご要望される土間を施したガレージが完成。
K様には大変気に入って頂けたようで我々も嬉しいです。

実は先日、
雑誌「ガレージ・ライフ」で取材を受けました。
詳しい内容は次号(9月1日発売予定)にて
掲載される予定ですので、そちらもご覧ください。

IMG_6648.jpg

IMG_6657.jpg