ニュース

何故MPCは白色なのに、カラーで「白」をいれるのか。

スタッフブログ / 2017.11.20

皆さんこんにちは!越です♪
寒すぎて、朝起きるのがつらくなってきた時期です….

布団から出たがらない越は最近、毎週日曜日に
お弁当の料理貯めしてます~。

一週間分のお弁当とお米を作って、タッパーに詰めて、
冷凍庫に入れ、朝取り出して会社に持って行く越。

今年も寒くなりそうですが、
頑張って乗り切りましょう!

さて、表題の通り、
今回は大人気のカントリーベース商品『MPC』についてご紹介。
MPCとは多目的保護コートと呼ばれ、カントリーベースでは
エントランスなどで使われていますね。

このMPCという材料、実はカラーパックというカラーを入れ、
色を出しているんです。

素地はというと、

   

白色の粉(サラサラしたモノ)に、白色(のりの様なモノ)の液体
を混ぜて作ります。

つまり、出来上がるMPCの色は白。


ここで疑問。

実はカラーパックに『ホワイト』があるんです。
「ん??」

なんで白のモノに白の液体を入れるのか?

今回は、カラーパック『ホワイト』を入れたMPCと
入れていない素地の『ホワイト』を比べてみました。

カントリーベース事務所内にある一角を、MPCで施工。
(ステンシル風に、マスキングテープでかたどり)

この上から素地のMPCを施工すると….

うっすらと、下のMという文字が見えますね。
素地だと、見た目は白なのに、透けているようです。

次にカラーパック『ホワイト』を入れたMPC

全く下の色が透けません。
透け感がなく、真っ白に近い色となりました。

透けてもカッコいいなぁと思う場合には素地を、
透けないほうがカッコいいなぁと思う場合には『ホワイト』

ということがわかりました。

最後に、

カントリーベース2Fに
今までにはない、かわいいMPC施工が完了します。

是非皆さんカントリーベースFesの際に
見に来てくださいね。

koshi