ニュース

Senergy塗壁リノベin糸魚川

スタッフブログ / 2017.05.10

こんにちは~Eguchiです! 今回は糸魚川市で80年以上の実績をお持ちの【株式会社カネタ建設】さんをご紹介します.

Senergyで施工した「塗り壁リノベーション」の現場を見せていただいてきました.

ちょうど足場がとれたところ.ぴかぴかの新築のように変身しています!

こちらは施工前です.   

元の表面はこういう感じでした.Senergy(セナジー)のベースコートは,この上から直接塗って,凹凸を埋めてしまえるのですが,今回は外断熱に使用するEPS(発泡スチロール)を貼って下地を造ってあります.

EPSを貼ると、断熱性能がUPして省エネになることに加え,凹凸を埋める必要がない分,ベースコートも節約できます!(あまり節約されると,CB的には困りますが…)

ちなみに,風除室の中はEPSを貼らずに既存外壁に直接ベースコートを施工されていましたが,言われなければ気づかないくらい綺麗に納まっていました.

今ある外壁に直接塗る,あるいはEPSを貼ってから塗る,どちらの場合であっても,既存外壁を剥がして捨てる必要が無いので,簡単に,少ないコストで,塗り壁のお家にデザインを一新できるのが、このSenergy「塗り壁リノベーション」ですが,こちらをご覧のみなさんは既にご存じですよね(^^)

塗り壁リノベ初めての方は,下のリンクもチェックしてみてくださいm(__)m

Senergy「塗り壁リノベーション」

室外機のこういう取付け方法があるんですね.塗り壁にするときは,外壁に何もついていない方が良いので,これは左官屋さんも助かったのではないでしょうか(^^)

もし糸魚川,上越方面で新築・リフォームをお考えでしたら, カネタ建設さんにお声がけください.ちなみに,

maman上越

もカネタ建設さんです! Eguchi