ニュース

高温注意!

スタッフブログ / 2018.07.09

西日本を中心とした記録的な大雨にあわれた皆様のご無事をスタッフ一同心よりお祈りしております。

また、物流にも影響が出ており、塗り壁やデザインコンクリート材料をお待ちの皆様には、今しばらくご不便をおかけすると思いますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

さて、金沢は朝から雨もあがり、やっと自転車で出勤することができたEguchiです。

が、一気に気温が上昇してきて、朝から汗だくになってしまいました。

これからの夏季のベースコートやオーバーレイ施工では、高温によるトラブルに注意が必要です。

 

一番怖いのは直射日光で、下地が高温になる、下地を乾燥させる、材料も高温になる、などの影響があり、こういった条件下で施工するとモルタルの水分が”急激に”失われ、ドライアウト(硬化不良による強度不足)の原因になります。

さらにこの上に仕上材を施工すると、荷重や膨張に耐え切れず剥離したり、ひび割れ、浮きの原因となります。

 

こういったトラブルを回避する為に、施工前には下地の温度が上昇しないようにシートをかけたり、オーバーレイの場合は打ち水で温度を下げる、また材料自体の温度もあがらないように日陰で保管、撹拌を行うようにしてください。

下地の温度がどうなっているのかは、さわっても分かりますが、放射温度計があると一目瞭然なので、お勧めです。

 

なお、”メンテナンス講習会”引き続き参加募集中!

今回は外壁塗り壁補修、外壁丸洗い実演します。

ぜひお申込みお待ちしています!

メンテナンスセミナー申込書