ニュース

造形ツールを紹介します

スタッフブログ / 2017.06.06

こんにちは。またまた山田です。笑

ここ最近の私の悩みは

石を造形するときになかなかうまくいかないこと…

そんな悩みを解決してくれたのがこのツールでした。

3Way造形目地ツール(12個セット)

いろんな大きさ、角度の目地ツールがあるので適当にやってもうまくいきます。

さて、飛び切りの土俵が用意されました。

これに岩目を付けていこうと思うのですが、

私の場合は壁面(だからこそ)はこれ!と思っているローラーがあります。

ピッドロックテクスチャーローラー

ごつごつしているので、存在感があります。

そこに3Way造形目地ツールを刺していきます。

個人的には繋げていくよりかは、まばらに差し込んで目地を繋げて行くほうが

ダイナミックでかっこいいと思います。

そんなこんなで適当に終わりました。

もちろん、ここからタッチアップを施していきます。

カービング(造形)が終わったところ、目地付近の岩目が消えてしまった。

焦ることはありません。

石目地スタンプ

を用います。

目地に刺してぐりぐりっと押してあげれば大丈夫です

こうして造形部分は終了です。

岩目も目地もスタンプを使っていったほうが楽なことも多いと思います。

また、ツールを多様していくとお客様に紹介できる引き出しも増えるのではないでしょうか。

以上で商品紹介を終わります。

Countrybase

Yamada