本文へジャンプ
ホーム > 施工例 > デザインコンクリートの味方「新・EPS」

施工例

デザインコンクリートの味方「新・EPS」

デザインコンクリートの施工をする際に重要な「下地」


室内の場合は構造用合板を基本としてもらっており、ラスを貼って下地用のモルタルを塗り付けたりと時間はかかってしまいます。


今回開発したものは「EPS」の新しい使い方。


その名も「山田式EPS(仮)」←まだ名前は確定してません


これは下地が石こうボードなどが貼ってあり、ラスなどが貼れない場合などにも活躍します。



施工方法はこのEPSをボンドで付けて、ワッシャーで留めるだけ。


軽くて簡単、そして時間短縮もできるステキな下地材です!


お問い合わせは
カントリーベース
076-232-7710まで