施工事例

今の時代のワーキングスペース。

デザインコンクリート・その他 / 2021.12.02


今この時代の働き方とワーキングスペース。


リモートワークやオンラインミーティングが主流となった昨今、

人と人との関わりがデジタルにシフトしていきながら、

働く環境も大きく変化していきました。

今までの空間を活用しながら、パーソナルな

ワーキングスペースをつくることも今の時代のスタンダードに。

カントリーベースのショールームでは、今までの雰囲気を活かしつつ、

自分スタイルで自分好みの空間を作れる『YIELD TOOL (イールドツール)』と、

デザインコンクリートを組み合わせて、それぞれに好きな雰囲気を楽しめる

ワークスペースをつくりました。


好きなモノを飾って個性を演出。


飾るモノで見えてくる趣味・嗜好、

仕切りや棚、パネルや窓の素材感や質感を

楽しみつつ、仕事が捗るスペースに。

働くモチベーションも生産性も上がるような、

ワークスペースをつくるのもこれからのリノベーション、

これからの事務所改装の新しいカタチになりそうです。


それぞれのスタイル、使い方で。


ひとつとして同じ雰囲気がないようにつくられた

ワーキングスペース。それぞれの好きなモノ、

好きなコト、こだわりが詰まった空間になりました。


こちらのスペースの施工の模様は舶来土建YouTubeでご覧いただけます。





施工


舶来土建 株式会社

(石川県金沢市)

[HP] https://hakuraidoken.com/

[事務所改装・リノベーションのご相談]

TEL 076-233-3150

お問い合わせフォーム