ニュース

ある商品とある商品の組み合わせが

スタッフブログ / 2017.06.30

こんにちは、

実は【アシッドステイン】について最近考えておりまして

最近はカンテラMPCオーバーレイ・生コン一発仕上げがすごく流行っていおり

それぞれSmithカラーMiracoteカラーパックカラーハードナーなどそれぞれ対応しているものがあるので

アシッドステインがあまり使われなくなってきていました。

一般的には生コンを打設し、それが完全乾燥した後に施工すると

こちらの画像の四角で囲まれた部分のようにそれぞれの色の風合いを出すことができます。

んーかっこいい。(ちなみにこちらはカントリーベース本社二階のショールームとなります)

ただし、次の画像のように生コンを打設して長い年月雨風に晒されているものに関しては

変化は少ないようなので注意が必要です。

※アルカリ分が抜けてアシッド(酸)と反応を起こさないため変化が小さくなるようです。

そこで、『生コンを使わずもっと楽な状況で使えたらおもしろいのになぁ』という思いがありましたので

私の作成した完全乾燥しているカンテラ造形にアシッドステインを噴霧してみることにしました。(投げやり)

今回使用するアシッドステインはこちら

コードバンレザーという色です。

カンテラの造形はこちら

一回噴霧してしまっていますが、お気になさらないでください。

造形に関しても何も思っちゃだめです。

一回噴霧した結果、割と色がついたのですべてに吹きかけてみることにしました。

その画像がこちらです。

派手に色づきました。

数時間おいて乾燥させると完成となります。

ここで私が思ったのは、これはスプレーをかけることによって

ムラはありますが全体に同系色を付けることができるということです。

もちろんこのままのムラがある場合でも十分かっこいいですが

もうひと手間かけたい!という方でも

この後にSmithカラーで汚し・仕上げを行うのみでよいので

作業が楽になるかと思います。

また、アシッドステイン独自の味がありますので、今後使えるかもしれないですね。

ただし、本来はトップコートをかけて完成となりますので、

色落ちについては未解明でございます((+_+))

安心安全にトップコートをかけるのがよいかもしれないですね💦

この色ならレンガの造形に着色すればよかったかな~と思う山田でした。

Countrybase

Yamada