ニュース

外壁のお化粧

スタッフブログ / 2020.03.27

こんにちは

 

先日、石川県にあるアパートの外壁のリノベーション物件の施工に入らせていただき

建物の出隅(正面の角)部分に工事部のエース久保田さんとコーナーストーンを作ってきました。

あ、山田です。

 

私たちはデザインコンクリートを取り扱っていますが、

デザインコンクリートは安全面も考慮してしっかりとした下地作りから行っております。

 

今回、コーナーストーンを

「塗り壁材」で作成してみました。

塗り壁材は塗り壁材の上に乗りますので、手間が若干省けますね。

 

塗り壁材って厚みを付けられないという基本的なルールがあると思うんですが

カントリーベースで商品を開発し、

「厚みの付けられる塗り壁材」を実験的に施工したという形です。

 

この塗り壁材で塗るための養生から始まり、

塗りつけた後にスタンプをぺたぺたして

乾いたら着色という工程となります。

だいたい2日間で終わりましたが、慣れれば楽しいかも?!

 

個人的には、すでに下地が出来てしまっている

既存建物を塗り壁にリノベーションする上でこの技術は化けるんじゃないかと踏んでおります。

 

世の中は次第にリノベーションの時期に入っていきますが、

塗り壁だけでの仕上げだけでなく、塗り壁でコーナーストーンも作れたら夢がありませんか。

ということでまだ実験段階ではありますが、乞うご期待です!