ニュース

初めてのデザインコンクリート研修

スタッフブログ / 2021.09.09

こんにちは!初めまして。

9月からカントリーベースに入社いたしました石堂(いしどう)と申します。

ずっと夢だったものづくりに関わる会社に入社できて、とても嬉しいです。

日々成長できるよう頑張りますので、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

本題です。

本日、入社してから初めての、デザインコンクリート研修が開催されました。

右も左もわからずあたふたしていましたが、スタッフの皆さんに助けられ、少しお手伝いもさせていただきました。

研修の様子も見させていただくことができました。

 

 

講師の方の説明を真剣に聞き、皆さん研修に取り組まれています。

 

 

職人の皆さんが、生き生きとしているのが伝わってきました。

 

 

 

カントリーベースに入社し、デザインコンクリートについて学んでいくうち、疑問を持つようになりました。

 

「デザインコンクリートは、なぜ生まれたのか。」

 

自分なりに調べてみても、よく分かりませんでした。

モヤモヤしたので、岡田課長に教えていただきました。

 

デザインコンクリートの発祥の地アメリカは、歴史が浅い国だそうです。

フランスやイギリスにあるような、歴史ある建造物を再現するため生まれたのが

デザインコンクリートだったそうです。

 

アメリカになかった文化を再現するため。

 

なぜアメリカは、歴史ある建造物を再現したかったのでしょうか。

新しい建造物ではなく、古い建造物を真似したのはなぜなのでしょうか。

 

 

研修が始まる際、デザインコンクリートの施工動画が流されました。

私も見させていただいたのですが、壁にデザインを掘り、仕上がっていく様子を見て感動しました。

また、講師の久保田さんが、

「施工を見て”すごいね”と言っていただくことがあり、コミュニケーションのきっかけになる」

とおっしゃっていました。

人と人と結びつけることにもつながるというのは、素晴らしいことだなと思いました。

 

 

私の勝手な考えですが、アメリカがデザインコンクリートを生み出したきっかけは、

フランスやイギリスの建造物を見て、感動したからではないでしょうか。

感動したことがあると、誰かに言いたくなります。

感動したことを、自分たちでも再現したいと思うようになった。

そのような連鎖で広まっていったのであれば素敵ですね。

 

 

何かに感動したとき、私たちは生き生きと輝いています。

そんな顔をたくさん見られるように、私も頑張りたいです。

 

 

石堂