ニュース

富山ときときと

スタッフブログ / 2021.10.08

こんにちは~Eguchiです!

koshiさんが、P.A.WORKSさんの沼カツのDIY部の顧問に就任? したらしく、へぇ~と思っていたのですが、富山のアニメ制作会社? ひょっとして… と思って調べてみると、私の大好きな「クロムクロ」という作品を作っている会社で、koshiさんやったなあと、尊敬のまなざしです。

その「クロムクロ」偶然BSで第1話の終わり頃見かけて、なんとなく気になって続きを見ていたのですが、富山市が舞台で、富山弁をしゃべっていたり、だんだんじわじわとはまってしまいました。

戦国時代から蘇ったサムライが美少女とロボットで宇宙人とチャンバラで戦うという、富山好きにはとくにたまらない内容のアニメで、なにより富山の街並みの描き方がとにかくリアルで、なんでこんなにもリアルに描けるのか、すごい富山好きの人が作ったんだなと思っていましたが、そもそもP.A.WORKSさんが富山にあると知って、納得しました。

 

いつから富山がこんなに好きになったのか考えてみると、やっぱりラーメンから始まったようです。20年以上前は、毎週のように富山に通ってラーメンを食べていました。

この辺をだいたいローテーションで。どこのラーメンを食べても、最後には富山のラーメンが食べたくなってしまいます。

当時勤めていた会社が富山に移転したこともあり、ます寿司のお気に入りの店ができたり、石川にはないサスの厚切りこぶ〆がある魚屋さんも教えてもらったりと、富山はとにかくきときとなものがいっぱいあって、語りつくせません!

というわけで、これだけのポテンシャルを持つ富山のP.A.WORKSさんとのコラボも期待大です! Eguchi