ニュース

TAIWAN IKITAIWAN!!!

スタッフブログ / 2018.05.23

Q. カントリーベースと密接に関わっている国は?

A. 輸入建材を扱っているからアメリカ!

という答えが以前では100%といっても

過言ではなかったのですが、最近のカントリーベースの

動向をチェックしている方なら…

「A. 台湾によく行っているみたいだし、台湾?」

という答えが出てくるかもしれません。

親日で距離も近いし身近な海外という印象がある『台湾』

カントリーベースが台湾に行く理由って?

ということについて少し触れてみたいと思います。

台湾でも日本国内と同じように、建材を扱い販売、材料の

正しい使い方や施工方法をお伝えしております。

デザインコンクリートや塗り壁の技術は台湾でも特殊で、

まずは覚えるところからスタートします。

そのための講習も台湾で行っています。

東京で毎月開催しているC&Cフィニッシングアカデミーに対し、

台湾では『山田21学園』。 未来ある名前です。

言葉の壁はありますが、真剣に取り組む皆さんの学ぼうとする姿勢で

日本と同じくらい、それ以上に質問も飛び交います。

コテを持つ文化もありますし、刷毛を使って着色する文化もありますが、

モルタルを造形する、塗り壁で模様をつけるという感覚は

台湾ではまだ浸透していないのかもしれません。

養生の種類が違ったり、日本でお馴染みの道具が手に入らなかったり…

文化が違うと使うものは違いますが、職人さん達の

『他とは違う新しいことをしたい』という想いは万国共通です。

アイディアは何もないところから生まれない。

日常の気づきから育ってアイディアになるんでしょう!きっと!

出張先で気付かされることが大切なアイディアになっていきます。

オーストラリアで行ったカフェのロゴ。

アウト寄りのギリギリセーフ?

商用では使用していないのでご勘弁を!

↑2017年のカントリーベースフェス

そんなアイディアが詰まったカントリーベースの

リニューアルオープンイベント!

6月1日~3日はカントリーベースの新しいアイディアを

目で見て肌で感じに来てください(^^)

お待ちしておりますー!残り9日!

COUTNRY BASE

OKADA