施工事例

エイジングされた「朽ちない木」をデザインコンクリートで。

デザインコンクリート / 2020.03.04

一見すると、年季が入った木に見える外観。

実は「デザインコンクリート」で作られています。

「本物の木を使わないのはなぜ?」と思われる方も

いらっしゃるかもしれません。

デザインコンクリートで「木」をつくる理由がいくつかあります。

『強度』

木は、加工されない状態であれば何年もすくすくと成長していきます。

ですが、加工された木は風雨にさらされて、少しずつ劣化していきます。

コンクリートはどうでしょう?

 

紀元前から残っている遺跡で使用されている材料が、

現代使われているコンクリートと同等の強度を持っていたそうです。

その遺跡は、補修等はされているかもしれませんが、

現代でも形を残しているそうです。

※諸説あるので一例です。

『デザイン』

今回の施工例はリノベーション物件で、既存の建物の

外観をデザインコンクリートで施工しています。

決まった形の木を用意して、割り付けを考えて

貼っていくのは意外と大変…デザインコンクリートなら

自由自在に形を決めることもできます。

『オンリーワン』

元々あるものを使っていないので唯一無二、オンリーワンの

仕上がりになります。均一で整ったものも魅力的ですが、

手づくりの、あたたかみのある仕上がりは愛着が持てます。

[施工例ご協力]

マインド サイトウ ヘアースパ 様

富山県富山市太郎丸西1-3-6

[HP ]http://mind-saito.com/

 

[施工]

東屋 Azu Design 様 (富山県富山市)

外壁リノベ専門店登録店