お客様の声

築年数が古いアパートだからと、諦めないリノベ

外壁リノベーション / 2021.07.30

今回は石川県にある
築30年のアパートを生まれ変わらせたストーリーをご紹介します。

『アパート築30年』
あなたは、どう感じますか?

■リノベーションをしようと思ったきっかけ

オーナーは山田さん。
古くなったアパートには入居者もいません。
近くにはピカピカのアパートが次々と建っていく。

築30年では、お問い合わせも少なかったそうです。
所々ボロボロに塗装がはげたサイディング。
痩せたコーキング。

入居者を増やすために、オーナーの山田さんは
外壁も内装もリノベーションをしようと決めました。

■リノベーションをするにあたってのイメージ

イメージはフランスのプロヴァンス。
塗り壁と、岩目が特徴の風合い。

イメージがあると、アイディアが湧いてきます。
カントリーベースでは、イメージ写真をいただければ、

こんな雰囲気はいかがですか?と
ご提案ができます。

■膨らむイメージと、実際の施工

イメージを膨らませて2ヶ月。
今回は真っ白の壁・ピンクの壁・岩目の3つを盛り込んだアパートにしようと決めました。

ボロボロだった外壁を取り壊すことなく
塗り壁にしていくことにオーナー様もびっくり。
ゴミも騒音も出ません。

塗り壁リノベーションは、地球にも優しいんです。

■完成と、これから

約2週間の工事期間を経て、アパートが完成しました。
真っ白の塗り壁。
わざと汚したスモークピンク。
玄関とコーナーに施工されている石積み。

汚れに強いStoは、今でも水がバシバシと弾いているそうです。

オーナーの山田さんは言います。
『諦めてどうしようかと迷っていたけれど、生まれ変わった』

新築同様の外壁ができました。
現在は、内装もリノベーションをされているそうで、入居者も満員だそうです。

その外壁、諦めないでくださいと、
笑顔で言っていただきました。