ニュース

Mama, take this badge off of me

スタッフブログ / 2022.05.09

こんにちは
デザイナーの宮﨑です。

GWも終わりましたね!皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は…幸せな事に忙しく過ごしていました。
昔と同じ作業していても体の疲れが取れません。歳を感じます。

そんな忙しい中、最近ずっと頭に流れている曲があります。

Bob Dylan – Knockin’ On Heaven’s Door

https://youtu.be/rm9coqlk8fY

名前だけでもご存じの方もいらっしゃると思いますが
ノーベル文学賞も受賞したミュージシャン、ボブ・ディランの
有名な楽曲の一つ、Knockin’on Heaven’s Door (天国への扉)です。

自分で少し調べただけで、正確では無いかもしれませんが
当時は西部映画のサントラとして作られた曲らしいですが、
ベトナム戦争を批判してるのでは、との考察もあるようです。

”Mama, take this badge off of me
I can’t use it anymore
It’s gettin’ dark, too dark to see
I feel I’m knockin’ on heaven’s door”

「ママ、このバッジを外してくれ
僕にはもう使えないから
暗くなってもう何も見えなくなってきたよ
天国のドアをノックしてるみたいだ」

西部開拓時代のガンマンが死んでいく心情を歌っているように見えますが
戦争で亡くなっていく兵士の様にも聴こえます。

日本も含め多くのミュージシャンにもカバーされてますね。

詩や歌の素晴らしい所の一つは
さまざまな情景が目に浮かんでくる所だと思っています。

明確な主語や説明がないのに
どうしてこんなにも景色が浮かんでくるんでしょうか。

特に私は出だしの歌詞がずっと胸にひっかかります。

”Mama, take this badge off of me
I can’t use it anymore”

勲章や肩書きやレッテルは天国には持っていけないんですね。

戦争反対、争いのない世界をと
多くの人が望んでも簡単に叶うことではないかもしれませんが

彼の言葉と歌声が素直に心に響いてずっと頭の中で繰り返されます。

勲章といえば
ジョン・レノンはビートルズの一員として大英帝国勲章団員(MBE)を授与されましたが、
女王宛ての手紙と共に王室に返還したそうです。

他のメンバーは後に個人として
ナイト(KBE)の称号も授与されていますがジョンは何もないままです。

ジョン・レノンについてもお話ししたい事は沢山ありますが
長くなってしまいそうなので今日はこの辺で。

【ジョン・レノンの壁画もあるCOUNTRY BASEオフィスのご案内】
https://youtu.be/6CxQL4nW1Ho

miyazaki