ニュース

フランスの食事情はマルシェ!

スタッフブログ / 2020.02.05

【色々コラム】

南フランスを中心に研修にいきました

マルセイユの港町を核に車で各地を見聞しました

海外で愉しみといえば

そう 食事ですね

そしてその食事のもとはやはり現地の産物です

フランスの田舎ではスーパーは日本のように多くはないようですが

週に各地で午前中にマルシェ(テント市)が多く出店しており

多くの買い物客の便宜を図っております

パンは日本の米と同じでポジション

レストランでパンは注文しなくても必ず付いてきます

マルシェでもいくつも出店しています

チーズはさすがに豊富でリーズナブルです

ブリューチーズも日本のようにくどく無く食べやすい

野菜 果物も冬の時期にしては品数が豊富です

アボガド キウイも多く パプリカは帽子大で でかい

オリーブの木はあちこちに畑があり

マルシェでも漬物のように いろいろな味付けで出てます

ソーセージや肉類加工食品 日用雑貨とみているだけでも楽しくなります

勿論 ブドウ畑もあちこちで見られます

ワインをセレクトし オリーブで味付けした料理は薄味ですが

美味しく 健康に良さそうです

ケーキ パイやマカロン どれ美味そうですが胃袋がついていきません

ゆっくり味わいたい!

フランスの交通事情について チョット

交差点はロータリーで信号が少ない 

右側通行

駐車は縦列駐車

駐車は駐車料金をナンバーと時間を打ち込み支払う

料金を払わない車はレッカー移動です

縦列駐車はレッカー移動しやすく多くの車が止められる

しかし道路が狭いためスピードは出しにくい

だから フランスの車は傷だらけ

建造物の写真は大変な数量ですので

弊社のフォトブックでご案内します

こうご期待!

ご案内はuozuでした