ニュース

Making of KARESANSUIⅡ

スタッフブログ / 2021.07.20

こんにちは、浅田です。

先日の枯山水をつくって1つ気になっているところがありまして、

既製品のミニ灯篭を置いたのですが、色が白すぎてデザコン製岩と雰囲気があっていないなーと思いました。

そこで、

こちらもエイジングしてやろうと思います!

まずは塗料がのりやすいようまんべんなく水を吹きかけます。

ベースとしてスミスのホワイトを塗ります。

アンティークグレーで陰影をつけます。

ちょっとやりすぎたと思いましたので、デザートサンドやナチュラルでぼかしていきます。

DC岩と色を合わせるために塗っては拭いてを繰り返し、さらにブラックでスミ入れ入れ重々しい感じにします。

ちなみにこのミニ灯篭は本物の石製で元々ずっしり重たいです。

あとコケの雰囲気も忘れずに入れるために、モスグリーンとオリーブグリーンを混ぜたものを陰になる部分に塗っていきます。

最後に風化で削れた部分に少しホワイトを入れて完成です。

 

なかなか岩とマッチした雰囲気になりました。スミスペイントカラーはコンクリートに着色できる塗料ですが、ヒッキーウォールという塗り壁材にも、今回の純石にも使えますね!

ちなみにスミスの特徴は当社Youtube動画でもご紹介しておりますので、ご興味ある方はぜひ見てみてください!!