ニュース

RM2(補修モルタル)ってどんな時に使う材料~?

スタッフブログ / 2018.03.29

ついにアメリカからスコット先生が来るまで1週間を切りました。

カントリーベースでは大急ぎで施工箇所の準備を進めております!!

(間に合うのか~?泣)

 

本日は一階倉庫の床で行うMPCの下地作り

 

カントリーベース倉庫の床コンクリートはクラックが入り

長年の傷で凹凸がありましたので

RM2(補修モルタル)」を使用して適切な下地に整えていきます。

※2.5cm以内のクラックや欠損はRM2、それ以上の場合はラピッドセットを使用して補修します。

(過去の状態は先日のBLOGをご覧ください)

【注意】※RM2を塗る面は常にプライマーで湿らせながら施工

剥離の原因になりますのでこれだけは必ず注意して施工してください。

 

あとは完全乾燥後に削って表面を整えて

スコットがMPCを施工してくれます♪

アメリカでの人気デザインでとてもクオリティの高い施工ですので

私たちも精一杯勉強して日本のお客様にもお伝えしていきますね♪

Takashina.