ニュース

ハードナー用便利ツールを作ってみました!

スタッフブログ / 2018.09.18

長い夏も終盤となり、秋の音色が夜長に響きますが

風情よりも、美味しい秋の味覚が食欲をそそります。 

 

さて、先日よりカントリーベース本社の向かって右横で

弊社駐車場のコンクリート工事を行っております。

勿論、普通の駐車場では収まりません。

見所満載で施工します。

詳細は後日にして

弊社の通称「コンクリート一発仕上げ」という技術で施工します。

生コンをならした上に直接表面を覆うように

カラーハードナー(カラー着色の粉状の材料)を

乾かないうちに振りかけコテでならします。

弊社の建材でゴム状の板に岩目調や、木目調、煉瓦調など

様々に表面デザインされた大きな板状のスタンプに

リリサー(離剥液)をスプレーし適度な硬さになったら

上からスタンプを置きタンパーで叩き、模様を付けます。

その後、アンティークリリースパウダーで

着色料をスプレーして、立体感を表現します。

今回紹介するのは、この作業で、

カラーハードナーを降りかける時に

使用するツールの作り方です。

上のような料理等に使われるキッチン用の大き目のザルを用意します

出来れば錆びないステンレス製の材料がGOODです。

そしてこれは、塗装などで使うローラー用の柄です。

この柄の便利なところは、

後ろにネジ穴が切ってあることです。

この棒はそのネジ穴に差し込み繋ぐ事ができます。

高い所や広い場所をローラーで塗装する時に

このように繋いで使用します。

キッチンで使うザルと、塗装用ローラーの柄を

水道のホースを締める金具で留めて出来上がり。

このように、ザルの中にハードナーを入れて振るようして使用します。

勿論、手元だけに必要な場合は、

棒をネジ穴から外して使用します。

製作所要時間は数分で完成できる便利ツールとなります。

尚、生コン一発仕上げ以外に、リフォームなどで

既存コンクリートの上から施工する場合は

オーバレイスタンプパウダー、ポリマー、カラーパック、

を使用し、施工することも勿論可能です。

ぜひ、お問合せください。