Stoスト
カントリーベースは、2001年からSto(スト)の
輸入・販売・施工をしているスペシャリストです。

Sto外壁
Sto(スト)といえば
「カントリーベース」。
選ばれる理由とは?

1994年の会社設立から現在に至るまで、確かな実績と経験を積み重ねて、
「塗り壁といえばカントリーベース」と言われるように成長していきました。

私たちは、Sto(スト)の良いところや注意しなければいけない点を
経験を通じて学んでいきました。

塗り壁は、導入だけではなく、万が一の施工トラブルや持続的なメンテナンス
(クラックの補修や汚れの除去)も必須になっていきます。

カントリーベースは、塗り壁を熟知していますので、
塗り壁に関する不安点をすべて解決しています。
安心してお任せください

私たちは、責任を持って「材料販売」、「施工請負」、「技術研修」を行います。

GLOBAL PERFORMANCE
世界基準の優れた性能を紹介

PERFORMANCE.1
雨と一緒に汚れが落ちる超撥水「ロータス効果」

ハスの葉は、表面にある細かい毛により、表面に付いた水は水滴となり、
汚れの粒子を取り込みながら、簡単に表面に転がります。
このハスの葉効果を外装塗料に組み込む事で超撥水効果を実現しました。

※Sto撥水仕上げは濃度の高い色に関しては、
その撥水効果が本来の効力を発揮しない場合がありますのでご了承下さいませ。

PERFORMANCE.2
クラック(割れ)が少ない

塗り壁の最大の問題と言っていいクラック。
この問題への答えが「Sto塗り壁工法」と言えるでしょう。
美しさと強度を永く保ち、工務店様も更に先のお客様にも満足を提供できます。

PERFORMANCE.3
カラーバリエーションが豊富

PERFORMANCE.4
性能別で選ぶ2つの工法

通気性を重視

Sto通気工法システム(乾式工法)

断熱性を重視

Sto外断熱工法システム(湿式工法)

COST and maintenance
実はコストパフォーマンスが良い「塗り壁」

一般的に塗り壁は、外壁シェアの7割を占めるサイディングと比べると初期費用は高くなります。
しかし、これから何十年も住み続ける家に出てくる「メンテナンス費用」
およそ7年毎にコーキングの打ち替えを必要とするサイディングと比べると
塗り壁のメンテナンスは汚れが気になった際の塗り替えのみ。
デザイン性が良く、トータルコストが実は安いというメリットが塗り壁にはあります。
部屋の模様替えをするように、十数年後に違った色に塗り替える
楽しみまで得られるStoのメンテナンスは
ネガティブではなく、楽しくなる経年変化なのです。

STRONG POINT
Sto塗り壁工法の強み

北は北海道、南は鹿児島県まで。
日本全国に300社の工務店様にご利用いただいています。(2018年12月現在)
Sto塗り壁工法に関する専門知識でサポートいたします。

  • POINT
  • POINT.1クラック(割れ)の心配が少ない
  • POINT.2 超撥水効果で汚れに強い※
  • POINT.3 目地のない美しい仕上がり
  • POINT.4 通気と外断熱で工法選択が可能
  • POINT.5 日本全国での施工対応が可能
  • POINT.6 多彩なカラーバリエーション
  • POINT.7 豊富な実績を持つ私たちが徹底サポート

※Sto撥水仕上げは濃度の高い色に関しては、その撥水効果が本来の効力を発揮しない場合がありますのでご了承下さいませ。

お問い合わせ・打合せを
ご希望の方は、
下記よりお気軽にご連絡ください。 PLEASE FEEL FREE TO CONTACT US

遠くにいても打合せが可能なサービス
MiteMasミテマス」の利用をご希望の方はこちら

カントリーベースに関する
ご質問や資料請求をご希望の方はこちら